光脱毛での顔脱毛に危険はないの?

光脱毛での顔脱毛に100%危険がないと言い切ることはできません。その危険性を理由に技術力があっても顔の脱毛施術は行っていないエステやクリニックも実際に存在します。

では具体的にどういった危険が考えられるのでしょうか。

まず現在の脱毛方法の主流は光脱毛ですが、これに使われる光は目にとってとても危険です。強い光を見ると目に痛みを感じたりチカチカしたりしませんか。一度は誰しも経験があることではないかと思います。太陽を直接見てはいけないと、日食の観察を厚い下敷き越しに行った方も世代によってはいるかもしれません。強い光というのは目にとっては危険なのです。そして光脱毛の光もとても強いものとなっているので、肌に影響はないのですがもし目で直接見てしまうと最悪の場合失明してしまう可能性があるのです。

脱毛を行う際のサングラスや目をつぶるようにという指示はこれを避けるためなのですね。きちんと指示に従えば大丈夫ですので、サービスとして顔脱毛を提供しているところの場合過度に心配する必要はないでしょう。今のところ、光脱毛で失明したという報告はありません。

後は他の部位に比べて皮膚が薄いことから肌トラブルが起こりやすいということですね。大手の脱毛サロンでは、医療機関と提携して肌トラブルが起きた時にはケアしてくれるところもあります。ドクターサポートがあるのは例えば、脱毛ラボです。脱毛ラボに質問したところ、現在までにドクターサポートが必要になるような肌トラブルは起きていないそうです。これは使っている脱毛機が最高級品であることや、スタッフの技術力が高いため、トラブルが起きていないのだと思います。脱毛エステを選ぶ際には、使っている脱毛機やスタッフの技術力を重視すると良いです。